SSブログ

花占い(シングルシリーズ第25弾) [桜田淳子 シングル]

●「シングルシリーズ」25回目は、「花占い」です。




「シングルシリーズ」は、桜田淳子さんのシングル1曲にスポットライトをあてて紹介していきます。

「シングルシリーズ」で紹介する内容は、

・ジャケット写真
・データ(発売日、作詞、作曲、編曲、売上、B面曲)
・オリコンチャート
・歌本
・「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」のブックレットから紹介
・「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」で淳子さんが語った内容を紹介
・紙ジャケットのライナーノーツから紹介
・さくらんぼ情報
・衣装とそのテレビ番組
・振り付け
・ポスター
・所感
・エピソードまたはミニ特集
・カセット
・動画(これは、たまにです。当時のビデオより)

の構成で紹介していきます。

他に何かありましたら紹介しますので、よろしくお願いします。

「花占い」


【ジャケット写真】

(1)

1花占い7.jpg

ジャケット写真いい感じでしょうか

【データ】
桜田淳子さん7枚目のシングル
1974年8月25日発売
作詞 阿久悠
作曲 中村泰士
編曲 あかのたちお
売上 12.3万枚
最高位 オリコン9位
私の順位 13位(淳子さんのシングルでの順位)
B面 「白い貝がら」

【オリコン】

9/2 48位
9/9 9位
9/16 13位
9/23 11位
9/30 20位

(A)
1974年9月23日のオリコンチャートです。

A19740923.jpg

【歌本】

(2)

2花占い歌本.jpg

【紙ジャケットのライナーノーツから紹介】

【Thanks 40 ~青い鳥たちへ」のブックレット】

この曲は、私の中では、みつはしちかこさんの『小さな恋のものがたり』に
登場するチッチとサリーのイメージなんです。
それほどマンガ少女ではなかったですけど、みつはしさんの作品には
ハマりましたね。
今と違って携帯もメールもないアナログな伝達手段しかなかった当時の雰囲気が
感じられる歌だと思いませんか?
ただ、自分が歌うとなると「会える」「会えない」とじくじくしているところが
等身大といえば等身大ですけど、テレビを通じてやってしまうと、女性は、引くんじゃないかと、
「花物語」やこの曲には、そういう迷いというか苦しい部分もありましたね。

【Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAY】

同じように、女性に嫌われる歌のようなことを言っていました。

【さくらんぼ】

「前の曲(黄色いリボン)に比べると少し、大人っぽくなったしょ。
ちょっとキザな感じもあるけど、すごく気にいっているの」
と淳子さんは、そう言っています。

また、「さくらんぼ」から「じゅんこのページ」です。
(3)

3NO5(花占い).jpg

【衣装】

(4)グリーンのベストと花柄のブラウス 

4衣装1.jpg

このコスチュームは、淳子さんがデザインしたようです。
ちょっとブラウスのエリが大きいかと思うけど自分としてよくできたと言っています。

1974年8月24日 TBS 8時だヨ!全員集合

(5)タータンチェック

5衣装2.jpg


1974年10月26日 TBS 8時だヨ!全員集合
このタータンチェックの映像は、「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」のDVDの映像の中で
本ブログで人気投票した結果1番でした。
(6)

6花占いかわいい.jpg

「花占い」の桜田淳子さんは、可愛く美しいです。

【振り付け】

特になし。

【ポスター】

【販促物】

(7)

7花占い (2).jpg

(8)雑誌での「花占い」の宣伝

8花占い.jpg

【所感】

「花占い」は、セリフが印象的で、しっとりとしたのどかな(バラード調の)歌です。
この歌を聴くと心が休まります。
「花占い」は、私の淳子さんのシングルの中では、13番目に好きです。
なので、大好きです。
(実際は、もう少し、順位が上だと思います。)

【エピソード1】

この歌は、明星の募集歌でした。

(9)

9明星197405募集歌合成ブログ.jpg

入選者には賞金10万円と賞品ステレオでした。

明星募集歌の発表会が、1974年8月30日に西武遊園地(埼玉)で開催されました。
桜田淳子さんと山口百恵さんのジョイントコンサートになりました。

その事は、下記で、書かれています。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/myojobosyuka/myojobosyuuka.html

【エピソード2】

私のエピソードですが、
テレビで歌っている「花占い」の桜田淳子さんがあまりにも可愛いので、
テレビに映っている桜田淳子さんをカメラで、当時、撮影しました。

(10)

10花占い写真2.jpg


【カセット】
当時「花占い」をエアチェックしたカセットを紹介します。カセットも当時の想い出いっぱいで懐かしいです。
(B)

B花占いカセット.jpg

アイドルのセリフ入りの歌を調べてみると

桜田淳子さんの「花物語」「花占い」
山口百恵さんの「湖の決心」
西城秀樹さんの「ちぎれた愛」「ジャガー」
浅田美代子「じゃあまたね」
森昌子「白樺日記」
あべ静江「みずいろの手紙」

がありますが、

☆他にもアイドルのセリフ入りの歌、あるでしょうか?

薬師丸ひろ子さんの「あなたを・もっと・知りたくて」
じゅんたさんから情報をいただきました。(8/13追記)

浅丘ルリ子さんの「愛の化石」が、最初に観て、すごい印象的でした。

では、次回の「シングルシリーズ」にご期待ください。
今まで紹介したシングルシリーズは、下記です。


第1弾
Lady(シングルシリーズ)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2013-06-21

第2弾
天使の初恋(シングルシリーズ)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2013-10-04

第3弾
ミスティー(シングルシリーズ)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2013-12-13

第4弾
夏にご用心(シングルシリーズ第4弾)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2014-02-07

第5弾
しあわせ芝居(シングルシリーズ第5弾)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2014-07-04

第6弾パーティー・イズ・オーバー(シングルシリーズ第6弾)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2014-11-21

第7弾
「白い風よ」(シングルシリーズ第7弾)
http://majun.blog.ss-blog.jp/2015-03-13

第8弾
美しい夏
http://majun.blog.ss-blog.jp/2015-07-31

第9弾
夕暮れはラブ・ソング
http://majun.blog.ss-blog.jp/2015-11-06

第10弾
サンタモニカの風
http://majun.blog.ss-blog.jp/2016-03-11

第11弾
黄色いリボン
http://majun.blog.ss-blog.jp/2016-08-26

第12弾
20才になれば
http://majun.blog.ss-blog.jp/2016-11-18

第13弾
三色すみれ
http://majun.blog.ss-blog.jp/2017-03-17

第14弾
気まぐれヴィーナス
http://majun.blog.ss-blog.jp/2017-08-18

第15弾
ゆれてる私
http://majun.blog.ss-blog.jp/2017-12-01

第16弾
天使のくちびる
https://majun.blog.ss-blog.jp/2018-09-07

第17弾
もう戻れない
https://majun.blog.ss-blog.jp/2019-02-14

第18弾
玉ねぎむいたら…
https://majun.blog.ss-blog.jp/2019-07-05

第19弾
This is a "Boogie"(シングルシリーズ第19弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2019-09-06

第20弾
神戸で逢えたら(シングルシリーズ第20弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2020-01-19

第21弾
あなたのすべて(シングルシリーズ第21弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2020-06-08

第22弾
追いかけてヨコハマ(シングルシリーズ第22弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2020-11-06

第23弾
MissKiss(シングルシリーズ第23弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2021-08-10

第24弾
祝桜田淳子さんデビュー49周年と眉月夜(シングルシリーズ第24弾)
https://majun.blog.ss-blog.jp/2022-02-24

番外編
春の恋人たち
https://majun.blog.ss-blog.jp/2018-04-27

●”1枚の生写真”コーナーです。

(21)夏の桜田淳子さん
いいですね。

桜田淳子写真外3.jpg

●"心に残る名曲コーナー(この1曲)”です。

今回は、セリフ入りの歌の
浅田美代子さんの「じゃあまたね」です。

1974年8月21日発売で、作詞は、安井かずみさん、作曲は、吉田拓郎さん、編曲は、田辺信一さんです。

1974年9月16日 オリコン最高位17位

フォーク寄りのアレンジ

(W)

じゃあまたね.jpg

(X)1974年9月16日オリコンチャート

19740916.jpg

当時、アイドル歌手が新曲発表で、デパートの屋上にきて歌っていました。
今は、デパ地下が流行っていますが、当時は、デパートの屋上は、ちょっとした遊び場でした。
デパートの屋上での新曲発表には、何回か行ったことがありました。

1974年8月24日に行われた渋谷の東急屋上での浅田美代子さんに「じゃあまたね」の新曲発表会を紹介します。

(Y)

じゃあまたね4.jpg

(Z)

握手をしてもらいました。
(サインは、この時もらったかは、はっきり覚えていません)

☆皆さんは、デパート屋上やある場所での新曲発表会の思い出、ありますか?

セリフ入りの歌で山口百恵さんの「湖の決心」は、下記で紹介しています。

湖の決心 山口百恵
https://ameblo.jp/majsmy/entry-12757849938.html

●ドラマ、映画

・録画しておいた松嶋菜々子さん主演の『家政婦のミタ』をやっと観ました。

視聴率が高いドラマだったことに、観て納得しました。

結城うらら役の相武紗季さん
阿須田希衣役の本田望結さん

いいキャラでした。

・録画しておいた池井戸潤さんの原作で大泉洋さん主演の『ノーサイド・ゲーム』を観ました。

トキワ自動車のカザマ商事買収案件と
トキワ自動車のラグビー部・アストロズの奮闘が描かれたドラマです。

池井戸潤作品では、「半沢直樹」、「花咲舞が黙ってない」を
観ました。
☆池井戸潤作品でお勧めの作品があれば教えて下さい。


・そして明日から、チャンネル銀河で連続テレビ小説『なつぞら』(広瀬すずさん主演)が始まります。
観ようと思います。


・WOWOWで放送された吉高由里子さん、横浜流星さん出演の映画
『きみの瞳が問いかけている』を観ました。

最初は、面白い感じでしたが、
途中から、涙が出てきました。

最後は、バッドエンドでなくて良かったです。

いい映画でした。


☆おすすめのドラマ、映画があれば教えて下さい。

●7月27日発売の増田惠子さんの
『そして、ここから... [40th Anniversary Platinum Album]初回限定盤』をGETしました。

2CD+DVD+別冊BOOKの豪華版です。
(31)

そして、ここから1Bi.jpg

別冊BOOKには、増田恵子さんのメッセージ&最新インタビュー掲載されています。


(32)
CD:レーベルの枠を超えたオールタイム・ベスト
40周年記念の新曲5曲が収録

そして、ここから2B.jpg


(33)
DVD:40thアニバーサリー配信LIVE収録

そして、ここから3B.jpg


直筆サイン入色紙とフォトカードが特典でついていました。(これが欲しかったです。)
(34)
直筆サイン入色紙

そして、ここから4B.jpg

ピンク・レディーの歌では、「S・O・S」が好きでした。
最初は、ミニスカートと振りに、引き寄せられましたが、
UFOくらいからのコミカルな詩による子供路線に、ちょっとなあと思っていました。
☆皆さんは、ピンク・レディーは、どうだったでしょうか?

●桜田淳子さん情報
・8月27日(土) NHK BS4K/NHK BSプレミアム
『生中継!秋田大曲 全国花火競技大会2022』

秋田県大仙市大曲 雄物川河畔で開催されます。(8/24追記)

・増田惠子さんの記事
https://encount.press/archives/344509/

増田惠子さんは、
”桜田淳子ちゃんの「しあわせ芝居」という曲が大好きで、
私自身、「しあわせ芝居」のような心情を歌える歌手に憧れていた”
と語っています。(8/21追記)

・9月7日(水) 23:00 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1977年1月17日』
「もう一度だけふり向いて」(8/15追記)

・8月6日(土)13:00 BSフジ『週刊プライムオンラインS▼昭和アイドル夏ソング集』
「十七の夏」が流れました。
デビュー当時、百恵さんより人気があったと紹介されました。
ありがたいです。

・8月10日(水)23:00 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1976年7月26日』「夏にご用心」
・8月13日(土)12:50 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1976年10月4日』「ねえ!気がついてよ」
・8月13日(土)13:40 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1976年11月1日』「ねえ!気がついてよ」
・8月14日(日)12:00 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1979年1月8日』「冬色の街」
・8月14日(日)16:50 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1980年4月7日』「美しい夏」
・8月14日(日)17:40 フジテレビTWO『夜のヒットスタジオ1980年5月12日』「美しい夏」

・9月7日(水)13:00 NHK BSプレミアム「動乱」

・9月5日(月) 18:30 衛星劇場「男はつらいよ 葛飾立志篇」

・8月25日(木)0:00 TBSチャンネル2『8時だョ!全員集合』
#569ドリフの忍者武芸帳!秘術あの手この手(1981年3月28日)
「化粧」
・8月30日(火)0:00 TBSチャンネル2『8時だョ!全員集合』
#605ドリフ商事ボーナスは(1981年12月5日)
「This is a "Boogie"」
・9月3日(土)0:00 TBSチャンネル2『8時だョ!全員集合』
#559ドリフの国語・算数・理科・社会(1981年1月17日)
「化粧」

・8月26日(金) 21:30 歌謡ポップスチャンネル「レッツゴーヤング 1981年10月25日」
「This is a "Boogie"」

・8月25日(木) 3:30 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #48
・8月31日(火) 6:30 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #7
・9月8日(木) 6:30 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #11
・9月15日(木) 3:30 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #57
・9月16日(金) 19:00 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #159
・9月20日(火) 6:30 ファミリー劇場 ドリフ大爆笑 #15

ネット情報

・サンミュージックの大石まどかさんのyoutubeで
「秘話!サンミュージック」#7『桜田淳子』と題して

桜田淳子さんのバイオグラフィー(歴史)が紹介されています。
大石まどかさんとサンミュージック名誉顧問の福田時雄さんが桜田淳子さんのお話をしてくれています。

https://www.youtube.com/watch?v=leYOq5W5Vzo

・中村泰士先生の80歳記念ディナーショーに
桜田淳子さんから、祝福の手紙が送られました。

https://www.oricon.co.jp/news/2135957/full/

桜田淳子プロジェクト情報

http://www.junkosakurada.com/

・「介護施設、病院、他での秋田弁の語り」の写真が掲載されています。

オンデマンド情報

・日テレオンデマンド「池中玄太80キロパートⅢ」
・TBSオンデマンド 「8時だヨ!全員集合」「飛べ!孫悟空」
・FOD(フジテレビオンデマンド) 「ニューヨーク恋物語」「動乱」「病院坂の首縊りの家」
・NHKオンデマンド 「澪つくし」
・Amazonプライム 「病院坂の首縊りの家」
・U-NEXT 「お引越し」「澪つくしスペシャル」「男はつらいよ葛飾立志篇」「病院坂の首縊りの家」

桜田淳子さん以外の情報
・オリビア・ニュートン・ジョンさん 悲しくて、残念です。
桜田淳子さんも縁がありましたね。

・8月21日(日)23:00 FMおだわら ラジオ歌謡選抜『湘南サマーブリーズ』後編
・8月21日(日)24:00 FMおだわら 午前0時の歌謡祭『音楽プロデューサー・川原伸司を迎えて』

FMおだわらは、下記で聴けます。
https://fm-odawara.com/
https://www.jcbasimul.com/

・8月14日(日) 21:00 TBSチャンネル2 『ザ・ベストテン』(1987年6月18日放送)

ろくなもんじゃねえ 長渕剛
サマードリーム チューブ
瞳にSTORM 浅香唯
I Don't Know! BaBe
予告編 守谷香
2 Much, I Love U. C-C-B
命くれない 瀬川瑛子

・9月24日'(土) 19;00 WOWOW
『松任谷由実 コンサートツアー2021-2022 深海の街』

・10月4日(火)発売『ユーミン万歳!』
~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~
新曲「Call me back」を収録
初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の
3種類あります。

●スポーツ

・欧州サッカーが始まりました。

WOWOW→チャンピオンズリーグ、ラ・リーガ
DAZN→セリエA
ABEMAプレミアム→プレミアリーグ

を観る予定です。

・プロ野球

巨人、優勝は、無理ですね。
原監督にGMと監督の全権委任が良くないと思います。
いきのいい若手が全然、出てきません。

巨人 原監督は、
なぜ、ウォーカーを先発で、使わなくなったのか?
ある程度の成績は、残しているのに。采配が疑問。
悲しい。

監督の長期政権は、偏りも生むので、そろそろ、他の方に監督をして欲しいです。
50年以上巨人ファンですが、巨人も原監督至上主義から変わらないといけないと思っています。



nice!(0)  コメント(8) 

nice! 0

コメント 8

赤石

こんばんは。

オリビア・ニュートン・ジョンさん、本当に残念です。
フィジカルなど色々と聴きましたが、なんだかんだ言っても、そよ風の誘惑が一番浮かんでくるメロディーですね。

淳子さんの写真、いつもありがとうございます。
(7)がいいですね。

花占い、この時期の曲はおおらかさがあって、好きですね。
by 赤石 (2022-08-09 22:06) 

sjghd

赤石さん こんばんは。

>オリビア・ニュートン・ジョンさん、本当に残念です。

本当に悲しく、残念です。
昨日は、オリビア・ニュートン・ジョンの曲を聴きました。

>フィジカルなど色々と聴きましたが、なんだかんだ言っても、
そよ風の誘惑が一番浮かんでくるメロディーですね。

Country Roads
Let Me Be There
I Honestly Love You
Have You Never Been Mellow
Jolene
Don't Stop Believin
Sam    
You're The One That I Want
Hopelessly Devoted To You
A Little More Love
Deeper Than The Night
Magic
Xanadu
Suddenly
Physical
Make A Move On Me

などが好きですが、
「そよ風の誘惑」は、オリビア・ニュートン・ジョンさんに一番合っていますね。


>淳子さんの写真、いつもありがとうございます。
(7)がいいですね。

笑顔がいいですね。
そして、自然な感じがいいです。

>花占い、この時期の曲はおおらかさがあって、好きですね。

私も大好きな曲です。
心が休まります。
by sjghd (2022-08-10 18:10) 

じゅんた

こんにちは、セリフ入りの曲では薬師丸ひろ子の「あなたをもっと知りたくて」なんかも好きですが、なんといっても「水色の手紙」が好きで
特に紅白でのクロード・チアリとの共演の動画は今でもよく観ています。
淳子さんの曲だとインパクトのある曲が多く「私の青い鳥」や「気まぐれビーナス」「夏にご用心」などなど、どうしてもインパクトのある曲が取り上げられがちで「花占い」など地味めな曲は忘れられがちですが逆にたまに聴くと新鮮味があり好きです。
ピンクレディーだと「S.O.S」「渚のシンドバット」迄がすきです。
その後の子供向け路線は完全にピンクレディーの寿命をちじめてしまって気の毒でなりません。
今高校野球で休止中ですが松嶋奈々子さんの朝ドラ「ひまわり」の再放送を観ていますが結構面白いです、BSの再放送中の「芋たこなんきん」と「ちむどんどん」も見ていますが「ひまわり」が一番面白いです、「なつぞら」は見ましたが私的にはイマイチでしょうか、とにかくここ最近では「エール」と「まんぷく」以外はイマイチです。

by じゅんた (2022-08-13 17:57) 

sjghd

じゅんたさん こんばんは。

>セリフ入りの曲では薬師丸ひろ子の「あなたをもっと知りたくて」
なんかも好きですが、

「あなたを・もっと・知りたくて」忘れていました。
薬師丸ひろ子さん、好きなのに、
冒頭でなく歌詞の途中で、セリフが出てくるので、珍しいです。

ブログ記事に追加させていただきます。
ありがとうございます。

>なんといっても「水色の手紙」が好きで
特に紅白でのクロード・チアリとの共演の動画は今でもよく観ています。

あべ静江さんの透き通った声がいいですね。
紅白での「みずいろの手紙」は、1974年で、あべ静江さん紅白初出場でした。
桜田淳子さんも1974年に紅白初出場でしたね。

>淳子さんの曲だとインパクトのある曲が多く
「私の青い鳥」や「気まぐれビーナス」「夏にご用心」などなど、
どうしてもインパクトのある曲が取り上げられがちで
「花占い」など地味めな曲は忘れられがちですが
逆にたまに聴くと新鮮味があり好きです。

そうですね。
桜田淳子さんは、「わたしの青い鳥」「気まぐれヴィーナス」「夏にご用心」以外にも
「はじめての出来事」「十七の夏」などポップな曲のイメージが強いですね。
「花占い」は、じゅんたさんが好きな「もう一度だけふり向いて」と同じで
しっとりとしたイメージがいいと思います。


>ピンクレディーだと「S.O.S」「渚のシンドバット」迄がすきです。

私も「S・O・S」が一番好きです。
それ以外だと「Kiss In The Dark」など好きです。

>その後の子供向け路線は完全にピンクレディーの寿命をちじめてしまって気の毒でなりません。

まあ、当時として売れる路線として、子供向け路線をとったと思います。
売り上げ的には、成功を収めましたが、今となっては、当時のヒット曲で、歌いたい歌が少ないと思います。
「モンスター」「透明人間」「カメレオン・アーミー」などファンタジーすぎて
今では、歌えないですね。
そのあたりが伊藤蘭さんのキャンディーズとの差になっていると思います。
今では、伊藤蘭さんの方が、増田恵子さんや未唯mieさんより人気がありますので、、

私も、今となっては、ピンク・レディーの子供向け路線は、残念ですね。

>今高校野球で休止中ですが松嶋奈々子さんの朝ドラ「ひまわり」の再放送を観ていますが結構面白いです、

私も「ひまわり」観ています。
松嶋菜々子さんの若い時が観れて新鮮です。
松嶋菜々子さん演ずる南田のぞみが元気いっぱいなのがいいですね。

『家政婦のミタ』を最近観たので、松嶋菜々子さんの印象が強いです。

>BSの再放送中の「芋たこなんきん」と「ちむどんどん」も見ていますが「ひまわり」が一番面白いです、
「なつぞら」は見ましたが私的にはイマイチでしょうか、
とにかくここ最近では「エール」と「まんぷく」以外はイマイチです。

たくさん観ていますね。
「芋たこなんきん」は、観ていませんが、「ちむどんどん」観ています。
「ちむどんどん」は、酷評する方もいますが、
比嘉暢子(黒島結菜)前向きで明るい。元気になります。     
比嘉良子(川口春奈)人間味あふれています。
大城房子(原田美枝子)厳しく温かい,存在感抜群。
なので、好きです。

「なつぞら」は、まだ、子役ですが、観ています。

「エール」と「まんぷく」がお勧めなんですね。
朝ドラについては、私は、疎いので、これからもいろいろ教えて下さい。

by sjghd (2022-08-13 18:36) 

じゅんた

「エール」と「まんぷく」もお薦めというほどでもありませんが、他が
どうもイマイチなんで(笑い)
「ちむどんどん」でかなりの脇役でもう出ないと思いますが池田航というタレントが出演していたのですが、私の甥っ子がテレビ関係の仕事をしている関係で実家にいちど来ていてすこし話ししました。

言われる通り「もう一度だけ振り向いて」はあまり話題になりませんが名曲だと思います。「もう戻れない」なんかも同類だと思います。




by じゅんた (2022-08-14 18:16) 

sjghd

じゅんたさん こんばんは。

>「エール」と「まんぷく」もお薦めというほどでもありませんが、
他が どうもイマイチなんで(笑い)

ありがとうございます。
そうなんですね。では、お勧めは、あるのでしょうか?
「あまちゃん」「ひよっこ」 が再放送されたら、観たいと思っているのですが、、


>「ちむどんどん」でかなりの脇役でもう出ないと思いますが池田航
というタレントが出演していたのですが、
私の甥っ子がテレビ関係の仕事をしている関係で実家にいちど来ていてすこし話ししました。

え!!!すごい事ですね。
池田航さんは、桃木雄三役で、「アッラ・フォンターナ」の料理人ですね。
退職しましたので、戻ってくるか、、、
青柳暢子の新しいお店で、雇われるかもしれません。


>言われる通り「もう一度だけ振り向いて」はあまり話題になりませんが名曲だと思います。
「もう戻れない」なんかも同類だと思います。

「もう一度だけふり向いて」「もう戻れない」は、隠れた名曲ですね。
「もう戻れない」は、筒美京平先生が作曲ですし、、、
あとは、「冬色の街」も同類でしょうか。
by sjghd (2022-08-14 20:54) 

じゅんた

こんばんは[あまちゃん]は物凄く面白かったです、[ひょっこ]は途中でやめたのですが嫁さんがまぁまぁ面白かったと言ったのでダイジェスト版だけ見ましたがかなりの短編に編集されてたのでなんとも言えません[笑]
[冬色の街]は渋すぎませんか[笑][神戸で逢えたら]も同類だと思います。
by じゅんた (2022-08-14 23:17) 

sjghd

じゅんたさん こんにちは。

>[あまちゃん]は物凄く面白かったです、

「あまちゃん」は、評判がいいし、
”じぇじぇじぇ”が流行語大賞になったので、観たいと思います。
再放送してくれる事を祈っています。

>[ひょっこ]は途中でやめたのですが嫁さんがまぁまぁ面白かったと言ったので
ダイジェスト版だけ見ましたがかなりの短編に編集されてたのでなんとも言えません[笑]

ダイジェスト版は、なんとも言えないのはわかります。
「ちゅらさん」のダイジェスト版を先日、観たのですが、良さがあまりよくわかりませんでした。
(国仲涼子さんのピュアでチャーミングな魅力は、わかりましたが、ドラマ全体としてどうかは、
ダイジェスト版では、わかりません)

「ひょっこ」は、ネット上では、評判が良さそうだったので、、、

今は、「ちむどんどん」「ひまわり」「なつぞら」で、精一杯です。
なので、「芋たこなんきん」BS12で放送の「マッサン」は、観るのを見送っています。

>[冬色の街]は渋すぎませんか[笑][神戸で逢えたら]も同類だと思います。

「冬色の街」は、渋いですが、「神戸で逢えたら」は、ムード歌謡調ポップスなので
どちらも何とも言えないですね。(笑)
by sjghd (2022-08-15 16:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。